明日6月23日は

沖縄県慰霊の日(沖縄戦終戦日)で終戦70周年です。

その日限りの展覧会を企画しました。

そのために週末から沖縄へ来ています。

今日はその会場の設営。

設営後には沖縄全戦没者追悼式前夜祭があり

平和の礎をライトアップし戦没者に想いを寄せる沖縄の人の姿をに言葉には現せない気持ちになりました。とても尊いイベントでした。
この企画展は

3月に描いた壁画を平和祈念資料館の方が

ずっと大切に展示して下さっていた事で

僕が本当に平和のメッセージを伝えたかった

大切な日のこの場所の展示室で展示が実現したことは、何かに引き寄せられていたような不思議な気持ちにさえなりました。

同じ気持ちの仲間が一生懸命に表現し伝えようとした結果かなと思います。

最近、僕が沖縄で平和の作品を描いたり

沖縄からメッセージを発信しているのをまわりの知人から「沖縄好きだね」「沖縄に特別な想いがあるの」とか質問されるんだけど、

沖縄の事は日本の事であって、沖縄戦も基地問題も日本の問題、自分事なんです。(沖縄の歴史を無視し、日本を簡単に一括りに考えている訳ではありませんので誤解無いよう。)

僕が描いた絵を見た誰かが平和を考えるキッカケになればいいな。

さぁ!みんなの力で実現した明日のLOVE &PEACE 展、張り切っていきます!